2年生になりました

早いもので、2年生になっちゃいました。

学童の移籍も順調で、今回は市の管轄ということもあり、歩に対しても1名補助員さんが付いてくださるそうです。まぁ、贅沢な相談ではありますが、マンツーマンでっていうよりは、少し放任にしてもらうくらいがいいんですけどね。。。。

預かる方としては“一般の子より手がかかる”、“何かあったときに”という備えをしなければ、というところで、そこで予算を使っていただけることには本当に感謝です。

その分、温室育ちにならないよう『周囲に温かく見守って頂いている今がスタンダードではない』ということは、家庭でしっかり教えなければいけないんでしょうけれど、あいにくカミさんが厳しくしても、自分がとことん甘やかすという状態です。。。(笑)

はい。頑張りますm(_ _)m

 

先日、上野動物園に行きました。

どっちかというと、その前日に慈恵医大へいったのがメインで、せっかく無料券あるし、ってことで、病院⇒お泊り⇒動物園というコースを楽しんでまいりました。

慈恵医大も2014年としては初詣でしたが、経過観察的な内容だったので特筆すべきところは無く。次回(夏休み)は、MRI、ウロダイナミクス検査、発達検査(難しい版?)のフルコースなので、気合入れて臨まねばなりませんが。

 

ということで、動物園の写真をいくつか。

140409-1

140409-2

140409-3

140409-4

動物園で1日遊んだので、正直なとこ自分もカミさんもヘトヘトでした。最近、夫婦そろって年齢的な衰えが顕著で・・・・。そんな中、以前のように抱っこ~とも言わず、とことこと歩いていた歩です。前日、慈恵医大に行く時も、混んでいた電車でほぼ立ちっぱなしでしたが特に問題なく。

小学校1年間でタフになったなぁと、娘の成長を実感。

 

 

4/7の始業式後、新2年生は在校生代表として入学式に出席したらしいのですが、そこで各クラス4~5名“よびかけ(ぼくたち~わたしたちは~的な)”のセリフを代表して言う役に歩も選ばれてました。始業式前日、明日だね!なんて話をふると急に思いだして緊張していましたが、上手く言えたようです。

自分からそういう役に立候補することのない歩に、1年の最後にチャンスをふってくれた担任のN先生。うま~く歩の気持ちを乗せて、やる気スイッチと今回のセリフをいう役をセットで与えてくれたこともそうですが、本当に1年生の担任がN先生だったことに感謝です。1年間通して、歩も私たち両親も安心して小学校生活を楽しめました。

 

2年生は、また新たな先生との出会いで新しい経験ができると思います。

 

2年生も楽しく元気に過ごせますよーに!!

にほんブログ村 病気ブログ 二分脊椎症へ
↑同じ二分脊椎をテーマにしたブログがコチラで見れます~

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • こんにちは。私も二分脊椎の中2女子です。
    鎖肛という病気もあって運動は不向きなのですが、結構ハードなサッカークラブに所属しています。そのクラブではみんな幼稚園とかからやっていて到底私はすごく下手ですが体調管理が自分で出来るようになりみんなに病気であることを知られずに普通に過ごせています。でもやっぱりお泊まり会や合宿、修学旅行などでも不便な点があり病気のない人になりたかったと20回以上考えました。でも同じ病気の人は日本にいるし大切な友達や優しい家族が自分を支えてくれれば少し楽に思えます。
    だから娘さんが助けを必要としているとき優しさで支えてあげてください!私はそれが小6の時必要だったのですが誰にも言えず自分で悩んで自殺もしようかと悩みまくりました。
    いくら信頼していても人にいえない悩みが出ることもあります。それを気づいて優しさで支えてあげてください!

    by ハト 2014/04/10 12:33 AM

  • ハトさん
    コメントありがとうございます。年齢も近い先輩からのアドバイスはメチャメチャ嬉しいです!
    しかも・・・サッカーやってるなんて!
    あ、もしマリノスファンじゃなかったら、そこは目をつぶってくださいね(笑)

    本人の気持ちは、一番近くにいる親でも100%理解することは難しいんじゃないかと思ってます。それは、たとえ障害があろうとなかろうと、人間の気持ちを理解するっていうのはなかなか難しいですよね。だからこそ、親としては見守ることと同じくらい、娘が自分の気持ちを他人に伝えられるよう、そのやり方を娘と一緒に学んでいく姿勢が大事かと思ってます。

    KREVAさんの『あかさたなはまやらわをん』で

    “言わなかったらわかりません
    わかる人はなかなかいません
    ほぼいません だから知らせる
    完全じゃなくてかまいません”

    っていう詞がありますが、まさにこれです。
    (この曲、他の詞もかなりオススメです♪)

    長くなりましたが、今はこうしてインターネットというツールがあって、怖いところもある反面、とっても便利でもある時代です。どうかハトさんも辛い時、『自分でとことん悩む』(←これもかなり大事ですよね!)以外の解決の為の選択肢を見つけてほしいです。身近な人以外にこうしてネットも活用できますし、いろいろ試行錯誤してハトさんが前に進むことで、ウチの娘も、その父親である自分もそうですし、同じ悩みをもつ後輩がとっても勇気付けられます!!

    これからもよろしく!!

    by 歩パパ 2014/04/10 8:20 AM

  • 大変ご無沙汰しております。
    歩ちゃんももう2年生なんですね。子どもの成長は本当に早いですね~。こうせいも年長さんになり今は自分で導尿ができるように練習しているところです。

    前の記事になりますが長くつを探してるとありましたが、みつかりましたか?うちも長くつには困っていて探していて良さそうなのを見つけたのでお知らせします^^介護靴の専門通販・くつ急便というとサイトで、子ども用のものはないのですが女性用で21~21,5というものがありました。短下肢装具をはいていても履けるめずらしい長くつです。あゆみちゃんの装具と合うかどうかはわかりませんが覗いてみてください^^

    http://kaigokyubin.com/

    by いつこう 2014/05/06 12:37 PM

  • ごめなさい前コメお返事頂いてたんですね;本当にご無沙汰してしまっていたので。。。^^;

    お返事ありがとうございました^^まさにこうせいも年長の始めなのでそろそろ動かないとですね。こうせいは便も尿もかなり漏れてしまうためおむつは欠かせないのでそれをどう隠していこうか、隠し通せるものかと悩み中です。

    あゆみちゃんのように周りの理解が得られると良いのですが。。。模索中です^^

    by いつこう 2014/05/06 1:14 PM

  • > いつこうさん
    こんにちは!長靴の件、情報ありがとうございます!
    参考にさせていただきますね。
    ウチは、1年間でボロボロになった装具を新調することになったタイミングで、新しい業者さんとの出会いがありました。今月、新しい装具ができるんですが、今までのところ以上に色々と要望を取り入れてくれる感じのようです。
    長靴も相談したところ、既存の長靴を歩に合わせて加工し、着脱できるよう開閉式に改造してくれるとの事。装具が仕上がったら、そのインソールに合わせたサイズの長靴を購入し、加工をお願いする事になってます。
    うまくできるかどうかはやってみないとですが、まぁチャレンジってところです。そっちのほうも状況が見えたらブログで報告したいと思ってます。

    こうちゃん、導尿頑張ってくださいね!!

    by 歩パパ 2014/05/07 8:20 AM

Menu

HOME

TOP