トイレトレーニング【再掲載】

旧ブログサービスから当サイトへの引っ越しにあたり、二分脊椎に関する記事はこちらで一括管理するため、一部修正・省略しながら引用という形で再度掲載いたします。

※現在2009年7月11日。下記引用記事は2009年1月24日(歩2歳4ヶ月)のものです。

 

 
我が家で大きなトライが始まっています。

 

歩のトイレトレーニングです。

 

二分脊椎で脳外科、整形外科とともに泌尿器科にも通っている現状。

 

神経がダメで排尿排便がコントロールできないため、毎日4回の導尿はやっているし、排便についても頻度が多くお尻が荒れたりといった苦労をしている有様です。

 

なので、普通の子のようなトイレトレーニングなんて縁がないと思い込んでいたところ、

 

『できると思うんだよなぁ。。。。』

 

泌尿器科F先生の言葉で状況は一転。

 

っていうか、F先生、本当?本当に自力でオシッコできんのかい??
という疑問はありますが、なにせ毎回の導尿の量から推測するに、素人の私でも自力でオシッコできるんじゃ・・・と思いついて先生に聞いてみたくらいなので、状況証拠は揃っているわけです。

 
女性がオシッコをする時に、比較的多い割合で腹圧により膀胱に圧力をかけて排尿するパターンがあるらしく、それならば膀胱付近の神経に問題があることは、さほど関係しないですむかもしれないという期待はあります。

 
まぁ、何はともあれ毎日トイレ座ってみる歩です。

 

毎朝座ってはみるものの、なかなか自力でオシッコは難しいようですが、これからどうなるか楽しみです。

 

 

ちなみに、トイレにはミニーマウスのカレンダーがあり、トイレに座るたびにハンコを押してます。

お気に入りカレンダーで継続性を!
 
単純ですが、カレンダーにシールやハンコっていうのが、継続性をもたせるにはかなり効果があるようで。

 

 

はてさて、歩がトイレでオシッコができるようになるのかどうか・・・・・

 
普通の子ならできて当然ですが、歩の場合は出来るのかどうかわからないけれど、という条件でのチャレンジなので、考えようによっては気楽なもんです。できればラッキー!みたいな(笑)

 

そんな楽天家の私とは対照的に、頑張る事に対しては結果を求めたがるカミさんは、歩ができない状態が続くと精神的にキツクなってくるのかもしれません。カミさんが出来ない事にイライラしたり落ち込んだりしないように、というケアのほうが私にとっては重要な部分だったりします。

 

そんな、期待と不安と。。。色んな感情が入り混じったトイレトレーニング。
最終目標は、あくまで排尿排便の自己管理。歩が自分で導尿して、管理できるようになるのが小学校低学年で達成できれば万々歳かなぁと予想してますが、はたしてどうなる事やら。。。。。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP