卒業旅行 2000年3月

いろいろありまして、2000年の3月にヨーロッパへ旅行した時の写真を掲載することにしました。
※ちなみに現在は2010年の2月。
(当時はデジカメなんて気の利いたアイテムなど持ってないし、ましてや撮った写真をこうやってお披露目するなんて予想もしてなかったもので、手元にある古ぼけた写真をデジカメで撮影してアップしてます。)

大学卒業を控え、男3人サッカー観戦卒業旅行ということで、行先は色々もめた挙句にイングランドとイタリアへ。実際、ミラノダービーは3人一致してたんですが、もう1試合がなかなか決まらず・・・

アルゼンチン好きの私は、ベロンが見たくてチャンピオンズリーグのラツィオ戦を希望。しかし、イングランド好きの友人は、オールドトラフォードでマンチェスターユナイテッドの試合を見たいと主張し、結果的に日本⇒ロンドン⇒マンチェスター(ロンドンから日帰り)⇒ミラノ⇒日本のコースに決定。

これは『夢の劇場』到着時にパチリ。

オールドトラフォード到着

オールドトラフォードって、予想以上に席が狭いんです。向こうの方は幅がある人が多くて、自分の席も2割くらいはのっとられてる感じ。夢の劇場って狭いんですねぇ(笑)

ユナイテッドvsリヴァプール

一番下のまん中にいるのがベッカムです。サポーターからは『ベックス』ってコールされてました。

この試合では、リバプールのスミチェルとベルガーが素晴らしかった。っていうか、ベルガーはプレースタイルがカッコよすぎ!!
負傷していたオーウェンもこの試合から復帰し、生で見れて良かった。

現地は自由行動だったけど、ツアーだったのでロンドンから往復のバスは団体行動。なのに・・・みんな買い物に夢中で、時間通りに戻った俺ら3人はずいぶん待たされた。イングランド好きの友人は、そんなら俺も買い物行きたかったなぁと悔しがってたっけ。

翌日は空路ミラノへ。

いよいよミラノダービーだと思うと、なんだかジッとしてられないほど。

街は異様な雰囲気に包まれていて、スタジアムに近づけば近づくほど、車もバイクも歩行者もヤバイ感じ。スタジアムに入る直前、自分のチケットを盗まれないように必死で力を入れていたら、なんと自分でチケットを破いてしまう・・・・・・

「破れたチケットで、『NO!』って言われたらどうしよう」と内心バクバクしながらの入場でした(笑)

さぁ、初めてのサンシーロスタジアム。試合前はこんな感じ。

試合前の異様な盛り上がり

トイレに行くにも危険な雰囲気だし、売店のネーチャンに片言のイタリア語なんて通じず、フォカッチャとコーラを買うにもひと苦労。極めつけは俺の席にイタリア人が平気な顔して座ってるし・・・(チケット見せながら身振り手振りで追い払うと、彼らは5列くらい離れて座ってた。さすがイタリア人・・・)。

いよいよ試合が始まり・・・

こんな技もキッチリ

白熱の展開

ケガしてたバッジョもなんと途中から出場。オーウェンに続き出ないと思ってた大物選手が見れてラッキーでした。レコバが、サモラノが、ボバンが、マルディーニが。夢のような90分。

で、まぁ試合後のことですが、興奮が最高潮に達した3人は怖いものなしです。周囲の雰囲気が一段とヤバくなってるのも気にせず、『オールドトラフォードで時間通りに集合場所に行ったら損したから、今回はギリギリまで遊ぼうぜ!』と。

売店やらをのんびり見物し、危険なムード満点のスタジアム周辺を堪能してから、ゆっくり集合場所へ。たしか予定時間ギリギリで待っていたバスに乗り込むと・・・・

なんと、イングランドでは集合時間も気にせず買い物を楽しんでいた皆さんが、しっかり揃っていました。あまりに危険な雰囲気に、試合後すぐに戻ってきた人が大半だったようです(笑)

翌日はのんびりミラノ観光。もちろんスタジアムツアーは外せません。

翌日はスタジアムツアーに

ロッカールームとかピッチサイド、記者会見スペースなどサンシーロスタジアムの中もいろいろ見れたんですが、問題は言葉。いかんせんガイドさんの言葉がちんぷんかんぷん。イタリア語の後に英語で説明してくれたので、かろうじてなんとなく理解できた感じ。全く話せない英語がすごい身近に感じた一瞬でした。

ミラノの街並み

ミラノ市内

ミラノ中央駅

ミラノ中央駅

ドゥオーモ

ドゥオーモ

スカラ座

スカラ座

レオナルド ダ ヴィンチ

レオナルド ダ ヴィンチ

行きつけのレストラン(笑)

ドゥオーモ広場近くにあったレストラン。2回行ったので、もう常連気分(笑)

正直、今でもこの時に戻りたいと思えるくらい、メチャメチャ楽しい旅行でした。たぶん一緒にいった2人も同じはず。

2人とは学生時代、ともに三ツ沢へ通いました。試合後は横浜駅まで30分くらい歩きながら反省会?というか色々話しました。マリノスのホームスタジアムが横国(横浜国際競技場:現日産スタジアム)に変わってからも、3人でゴール裏へ通い、試合後は菊名(隣の駅)まで3~40分歩きながら、いつものように話をしたもんです。

つい先日、このとき一緒に行ったイングランド好きの友人が亡くなりました。

2/19(金)の夜、急な知らせ。翌日がお通夜で、大急ぎで準備し新幹線で向かいました。一緒に卒業旅行に行ったもう一人の友人と2人で。

もうすぐJ開幕だぜ。

今年はワールドカップだってあるんだぜ。

俊輔がマリノスに戻ってくるかもしれないのに。

おまえ、なんだよ。って、あの世で会ったら言ってやることに決めました。

この旅行の写真を持っていけばよかった、と帰りの新幹線で思ったので、わざわざ・・・・ホントわざわざですよ、写真をアルバムから出して、デジカメで接写モードで撮影し、それをパソコンに落としてサイズと色を修正しページを作りました。

わざわざページ作ったんだから、きっと天国から見て笑ってくれてんじゃないかと。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP