カルロス テベスがナイキのCM独占!!

2001年10月21日。地球の裏側アルゼンチンの港町ボカ。

フエルテ・アパッチェという極めて有名な(危険度の高さで・・・)スラム出身の18歳が、ボカジュニアーズで1軍デビューを飾りました。当時の背番号は#18。

翌年にはマラドーナから10番を継承したリケルメがバルセロナへ移籍しちゃいます。すると、それに伴い背番号も#10に。

 

そうです、カルリートスの愛称で親しまれるカルロス・テベス。

 

アルゼンチン人ながらブラジルの名門コリンチャンスでも活躍し、気迫あふれるプレースタイルでブラジルのファンにも愛されたテベス。2003年から3年連続で南米最優秀選手に選ばれ、またアテネオリンピックでの金メダル&得点王も記憶に残ります。

 

ウエストハムの残留に貢献し、ユナイテッドでは周囲の心配をよそにルーニーとの絶妙なコンビネーションを披露。そして今季はマンチェスターシティへの移籍が決まっています。

 

 

・・・・と、急にテベスの思い出を語りだしたのもワケがありまして。

 

すんごいのを見つけちゃいました!!

 

 

 

 

実はこんな動画を発見しました!!

 

 

アルゼンチンで放映されていたNIKEのCMです。(ちょっと古いですが)

 

これはヤバいでしょ!

 

最後に字幕も出てますが、

『NACIO EN FUERTE APACHE, QUERIDO EN TODAS PARTES』

 

これは

『フエルテ・アパッチェで生まれ、世界中で愛されている』

 

っていうような意味なんだそうです。

 

アルゼンチンで、ブラジルで、イングランドでもファンに愛されている、いかにもテベスらしいキャッチだなぁと。

それにしても、ナイキは本当にこういうCM上手ですよね。ファンの心をくすぐっちゃう感覚が抜群です。

 

 

 

 

わたくしごとですが・・・

ボカ好きが高じて、ボカのユニフォームは100着以上、さらにはアルゼンチンで販売されている書籍や雑誌、グッズなどは私の自慢のコレクションだったりします。

『狭い家に、よくもこれだけ役に立たないものが・・・』

と、いくらカミさんに怒られようが、ボカだけは譲れません。

 

最近では楽天市場でもボカのグッズなどが増えてきてますので、私もありがたい限りです。わざわざアルゼンチンから取り寄せると、送料は高いし、何よりも地球の反対側に送ろうってのに“ビニール&ガムテープ”という信じられない梱包で送られてくる荷物は、いつもダメージやエラーがあるもんで・・・・

 

まぁ、そんなところも含めて“味がある”って思わないと、南米クラブのファンはやってられませんケド。

 

⇒楽天市場のサッカー(ボカグッズ)ページはコチラ

 

 

シティでのカルリートスの活躍を祈りつつ・・・・・

アデバヨールやらサンタクルスやら、マドリーが派手すぎて目立たないものの、バックにお金があるだけにけっこう大きく補強してるシティ。それだけにチーム作りも難しいところでしょうから、良いスタートを切って波に乗ってくれればと思います。
 

,

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP