短下肢装具

今まで屋内用しかなかった短下肢装具ですが、ようやく外用が完成。
簡単に現状を説明すると・・・・

2009年5月 とりあえず室内用の装具を作ってみた
(いきなり2足作るより、慣らしてからのほうが良いからと装具屋さんの助言にて)

     ↓

なかなか嫌がって履かない(履いても5分くらいで自分で脱いじゃう・・・)

     ↓

2009年9月9日 外用の短下肢装具完成!
(室内用と形は同じ。つま先の有無と動作性に違いあり)

     ↓

外でも室内でも装具を履くのを習慣にしようと試みるパパとママ

 

・・・と、ここが現時点。どうやって室内でも装具を履かせるかが最大の難関。
歩だけ重たい装具を履いているのも・・・って事もあり、ママの発案でパパと
ママも室内用の履物を用意。現在の玄関にはルームシューズがこんな感じ。

玄関に並ぶルームシューズ

ちなみに左からママ用(300円)、歩用(17万円)、パパ用(5000円) デス(^_^;)

 

 
歩はというと

玄関に並ぶルームシューズ

病院で先生や看護婦さんにも『カワイイ~』と好評だったらしく、新しい
屋外用の靴が気に入った様子。

 

 

 

 

カラーは室内用と同じベージュに茶色をアクセントにしました。出来上がりまで
色合いなどは分からなかったのでドキドキでしたが、予想以上にいい仕上がり♪

なかなかオシャレでないかい?

 

以前作った室内用も今回の屋外用も通常の診療と同じで全額が戻ってくることに。
(健康保険で8割、乳幼児医療で2割がカバーされます)
※一旦装具屋さんにキャッシュで支払い。後で健康保険の適用を申請するというフロー。

実はこれが『障害者手帳を利用する』となると1割の自己負担が発生するんです。

そもそも乳幼児医療証は治療目的、障害者手帳は日々の生活のためと用途が
分かれているようですが、その境界ははっきりとはしにくいようで。

今回までは治療用ということで手続きして頂けて正直ラッキーでしたm(__)m

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ

↑ポチッとすると、このブログに1票入ります。お願いしま~す!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP