障害者手帳へチャレンジ!【再掲載】

旧ブログサービスから当サイトへの引っ越しにあたり、二分脊椎に関する記事はこちらで一括管理するため、一部修正・省略しながら引用という形で再度掲載いたします。

※現在2009年7月11日。下記引用記事は2008年4月3日のものです。

 

昨年より加入した【二分脊椎協会】

先日、神奈川支部の集まりがあり、初めて協会の活動に参加させていただきました。

いや~、どのお母さんも逞しい!

っていうのが第一印象でしょうか(^^ゞ

ウチの歩よりもずっと重い障害の子がほとんどで、でも、そんな辛さを感じさせない迫力というか、とにかく頼もしい限りでした。「医者はある程度しかやってくれないから、どんどん自分から要望や相談をぶつけていかないとダメよ!」って感じ。

実際の経験談が伴っているので、それはそれは説得力もあり……。でもそれは、あくまで患者の立場からのみの観点なので、色んな情報が得られる現在では、それこそ情報の取捨選択の責任が親にかかってるなぁと痛感しました。

———————————–

『障害者手帳』に関しては、以前から私たちも考えてはいたもので、病院の先生にも相談してました。

その時には、申請するもしないも損あり得あり。。。。という事で判断しかねていましたが、この会合に出席させていただき、他の方に相談して意見を聞いた結果、我が家もやろう!という事で、本日そのスタートとなりました。

まずは、カミさんが市役所へ行き、障害者手帳の申請用紙をもらってきました。障害の内容は?との問いに、二分脊椎で・・・と答え、実際の程度を少し話したところ、職員の方が用意してくれたのが

■膀胱・直腸に関して

■肢体不自由に関して

の2枚の用紙でした。

この用紙に診断内容を主治医に記入してもらい提出するという事で、今日、慈恵医大に泌尿器科の診察で行った際にお願いしてきました。
次回の診察は脳外科、泌尿器科、整形外科とも5月の同じ日に設定してもらっているので、その日に受け取って市に提出します。

二分脊椎協会・神奈川支部の集まりでは、以前と比べて審査が厳しくなっているが、膀胱・直腸の合わせ技ならばイケる!というアドバイスもありました。
※オシッコのみ、ウンチのみでは3級は厳しい?とか。。。

障害者手帳なのに、親がやっきになって上の級を狙ってるって・・・・なんだか不自然ですねぇ。。。。(^_^;)

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP